« 毛無山 | トップページ | 吾妻山登頂(^_^)v »

2009年8月31日 (月)

男三瓶山

2009_08300019

8月最後の日曜日、(民主党の圧勝に終わった選挙投票日でした)今日も元気に山歩き隊の活動開始です。

朝7時、湿気の多い曇り空。これから登る男三瓶を見上げれば、山の中腹辺りから霧がかかっていて山頂は見えませんが山頂からの展望に期待しています。

今回きゃらぼくさんは、前日にキャンプしていた北の原からスタートして、私と島そだちはサヒメル前の駐車場できゃらぼくさんと合流してご一緒させていただきました。

北の原名号コースから登りま~す!

2009_08300017

分岐から2.5KMを歩けば山頂です。
高度600メートルからのスタートです。
とても涼しいです。

2009_08300018

しらばくはなだらかな登り道、そして降り道(?!)が続きます。

2009_08300020

辺りはブナ林です。

2009_08300021

湿度が高いうえに、小雨もぱらついてきました。

2009_08300023

ようやく標高700メートル地点です。
ここから急な登りと階段、ジグザグ登山が始まります。

○合目というしるしが無いかわりなのでしょうか。標高を50メートル上げるごとに表示があります。 あと何キロという表示もありません。ふっふっふ・・・あと100分です・・・

2009_08300025

霧(ガス)の中に入ったようで、辺りは幻想的に白く霞んできました。

2009_08300026

黙々と登ります。

2009_08300028

ゼイゼイと登ります。き、きつい・・・休憩を多めに取ります。

2009_08300029

ガスってます~。

2009_08300030

ようやく標高1000メートル地点に着きました。

この辺りは登山道の幅も狭く、草木は雨露に濡れて鬱蒼としています。服も当然ぐっしょりと濡れてきました。まだ薮コキほど茂ってないのが救いです。

2009_08300031_2

あともう少しです。

2009_08300032

急登に喘ぎながら稜線を登ります。標高1050を越えた辺りから急に視界が明るくなってきました。陽も射してきます。茂みのあいだから雲が見えます。

2009_08300034

ようやく登りきったところです。まだ青青としたススキが風になびいています。

避難小屋の屋根が見えます。残念ながら避難小屋は宿泊禁止になっていました。

2009_08300035

女三瓶へと続く道です。

2009_08300036

男三瓶山頂へ。

2009_08300037

一面ススキの原が広がってます。

2009_08300038

今年も咲いていてくれてありがとう。

2009_08300040

最後の階段です。コレを登れば山頂です。

2009_08300043

マクロtulipで~す。

2009_08300044

山頂はむき出しの地面です。

2009_08300045

植物保護のためにロープが張られています(写真左下)

2009_08300047

三角点にタッチ!

2009_08300048

噴火口に水たまりが(違う)

2009_08300049

山頂と展望台。左が姫逃池方面への下山道です。

2009_08300050

下界は曇りでしたが、山頂は快晴でした。

お疲れ様~。

2009_08300053

眼下に雲です。

2009_08300054

日本海も見えました。

2009_08300055

三瓶山頂神社で記念撮影です。

2009_08300056

きゃらぼくさんも記念に一枚。

2009_08300060

姫逃池コースから下山しました。

傾斜のきつい階段が多くてかなりきつかったです。

きゃらぼくさん、今回もご同行ありがとうございました。楽しかったです。

下界はやはり曇っていました^^

|

« 毛無山 | トップページ | 吾妻山登頂(^_^)v »

「中国地方の山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毛無山 | トップページ | 吾妻山登頂(^_^)v »