« 鳥取砂像フェスティバル2009 | トップページ | 春の残雪大山 »

2009年6月 3日 (水)

聖湖キャンプ場@2009

5月最後の週末に、聖湖にあるキャンプ場にてオートキャンプをしてきました。

2009_05300002_2

タープ設営中の娘です。

この日はあいにくの天気で、フィールドは霧に包まれていました。
時折小雨もパラツク肌寒いキャンプになりました。

お天気も悪いし、今回は飽食キャンプとなりそうな予感がヾ(^^;)

2009_05300001

タープを貼り終えてまったりしているところに、スペシャルゲストの登場です。
Rさん、お久しぶりです!

2009_05300004

歌のおねえさん(Mパパさん命名・・・爆)は、パンをこねています。
今回はダッヂオーブンでパンを焼きます。

レシピはこちら↓を参考にさせていただきました。

Cpicon アウトドアで喋りながら作る♪パン by もんもん09

粉類はすべて同じ袋に混ぜて持参し、焚き火番をしながら現地で牛乳とバターを混ぜてひたすらこねて作ります。この日は霧の多い湿気た空気、湿度も高めだったので牛乳の量を約90パーセントくらいに減らして作りました。

捏ねはじめて初めのうちは、生地がベタベタとくっつくばかり。失敗かなぁと思いつつ頑張ってこね続けたら、だんだんいい感じにまとまってきました。一次発酵する段階までもっていくのに約40分はこね続けていたように思います。

2009_05300006

そんなこんなで、のんびりとした時間がゆるゆるとすぎていきます。

右が我が家のタープとパンをこねている私。左がMパパさんのタープ。
焚き火を起こしているのがRさんとH君。
奥でファイヤーショーをしているのがMパパさん。
テーブルの上に火の精霊を呼び出してます(嘘)

2009_05300018

一次発酵中です。

2009_05300012

焚き火の前で思い思いの音楽を奏でます。

ギター弾けるっていいなぁ~。

2009_05300015

パンのほかに、夕食はお好み焼きです。

前回のキャンプも同じでしたね。ははは・・・

ワンパターンですがお好み焼きが大好きです。今回は焼きソバ麺をカリッカリに炒め上げて入れてみました。

2009_05300017

焼き上がりはベタッとしてイマイチでしたが、麺だけはカリッと美味しかったです。

次回はふたを持参して、ムラ無く焼き上げるようにしてみようと思います。
というわけで、当分、ワンパターンなお好み焼き夕食はこれからもアウトドアで続くことでしょう。飽きるまで・・・・。

2009_05300019

R家の夕食はパエリア!そしてザル盛サラダ!

ものすっご~く美味しかったです!!
エビとアサリの出汁がよく利いていて、皆でモリモリといただきました。
ご馳走様~!

2009_05300021

立ち上る湯気と香ばしい香り!
もうたまりませぬ。

2009_05300025

あたりはすっかりと暗くなり、二次発酵を終えたパンも、いよいよ焼きに入りました。

焼くのはほんの弱火で20分程度です。10分すぎると、3~5分毎にふたをあけて、中の焼き具合をチェックしていました。

2009_05300027

じゃじゃ~ん!

焼けました~!

ちゃんと焼けて感激でした!

このあと、延々と夜12時すぎまで酒盛りは続きました。
私はこのあと風邪を引いてしまい、楽しいキャンプを延々と車の中で寝て過ごしました(涙)

|

« 鳥取砂像フェスティバル2009 | トップページ | 春の残雪大山 »

「お気楽オートキャンプ」カテゴリの記事

アウトドアクッキング」カテゴリの記事

「キャンプ」カテゴリの記事

コメント

おぉ。こっちは楽しそう(楽そう?三倉岳と比べて)ですね。
パエリアがおいしそ~・・・なんて言ったら、島そだちさんに失礼ですね(すみません)

広島お好み焼きは、やはり面倒でも店でやるみたいに、生地を伸ばしてから、横でキャベツ、モヤシ、エビやらイカ、バラ肉を順番に炒めながら生地に載せていき、卵を割ってからヘラでベチャっと潰したところに、先ほど山積みになった生地ごとエイヤッてひっくり返して載せるのが、焼くにも早いですし、おいしいですよ。

ウチは、車(トレ)の中でお好み焼きするときは、狭いので関西風にしてます。
ただ、モサモサにならないよう、生地は市販のお好み焼き粉を使い、これでもか!ってくらいキャベツを入れてます。
具は、バラ肉のほかは紅生姜、シーフードミックス(イカとかエビとかミニホタテの冷凍のやつ)、マヨイ~カ(5枚入り姿フライで袋ごと粉々に砕いたもの。好みでカライ~カを使うことも。)を入れます。
関西風のときには焼きそばは入れていません。(^^;

投稿: 軽コロ | 2009年6月 4日 (木) 22時57分

またまたご来店いただきありがとうございます。
どうもダッチオーブンでパンを焼くのにはまってしまい、今週末は2日連続で家の庭先でパン焼きでした。
お好み焼きは同じ広島県内でも焼き方に地域差が出ますね。嫁さんとは同郷なのですが隣町に住んでいるだけで焼き方が違いました。あんまり色々というと怒られるので言われるままにしてます(笑)

投稿: 島そだち | 2009年6月 7日 (日) 22時54分

確かにそうですね>お好み焼き

広島市内でさえ、お好み村と流川方面ですら違いますね。
ダッチオーブンは使ってみたい願望はあるのですが、なかなか焚き火台すら購入許可が下りないので、ウチは難しいです。

投稿: 軽コロ | 2009年6月 8日 (月) 17時27分

軽コロ様おはようございます。

お好み焼きは、ひとりひとりにこだわりがあって、そして、どの方も自分の焼くお好み焼きが一番美味しいと思い込んでいるところが面白いって思っています。そういうところがソウルフードと呼ばれるゆえんのひとつかもしれませんね。
実は私は結婚するまでお好み焼きは関西風オンリーでした。
混ぜて焼いていたら島そだちが「なんじゃ~その焼き方は!広島県人のくせになっとらん!」とかなんとか叫びました(笑)

ダッヂオーブンは火の扱いが難しいですが、焼き上がりを待つ楽しさは最高です。
だけど購入許可が下りないのは残念ですね。
お財布を握る主婦は家計の全体を考えて購入計画をたてていると思うので、それもこれも家族のため。素晴らしいです。そしてその許可が下りないことを受容されてる軽コロさんも素晴らしいです。
我が家は散財一家なので散々です。
老後が恐ろしい・・・

投稿: simamama | 2009年6月 9日 (火) 08時59分

先日はウチへの書き込みありがとうございました。<(_ _)>ペコ

正確に言いますと「許可が下りない」ではなく、「買うて、どうしよう思ようるん」ってな会話になる(ほとんどキャンプしない我が家ですから)ので、なかなか買いづらい・・・といったところでしょうか。
ダッチオーブンで「こりゃ旨いわ!」という料理を食べたら、ウチも買おう!って話になると思います(カミさん単純ですから)

ウチはキャンプにあまり行かないわりにはスノピのロングテーブル持ってます。
これは他キャンパーさんとキャンプしたときに、実はカミさんが気に入ってしまい、「ウチも買おうやぁ」と言ったことに始まります。

ですから、けっこうカミさんも私も「食わず嫌い」なところがあるんだと思います。
何かのきっかけがあれば、楽しみの域が広がるんでしょうね。

投稿: 軽コロ | 2009年6月10日 (水) 22時30分

軽コロさん、こんばんは。
いえいえ、こちらこそお邪魔させていただきました。
ありがとうございます。
同じ広島出身のトレーラーをお持ちの方のページともあって、興味深く拝見させてもらいました。とても充実したページ満載で読みごたえがありました。どうもありがとうございました。

はははっ、我が家も同じかもです。
何かしらグッズを買うときはだいたい島そだちが何々が欲しい・・と提案を始めるのですが、私もじつは、軽コロさんの奥様と似たようなことを言っています。そんなんどうするん?とか、ど~せ、一回遊んだらすぐ飽きるのに・・・とか(爆笑)それでも、島そだちのグッズへの情熱が燃え上がればゲットになります。

ダッヂオーブンも買った当初(7~8年前????)は、買ったのはよいですが使い方がよくわからず、場所とる重量とるの無用の長物と化してしました。当時は今ほどにダッヂレシピも充実していなかったですよね。その前に私も使いこなしたいと思うまで料理に情熱もありませんでした。

それが、最近になって、ネット上のクックパッドというレシピサイトを知って以来料理に夢中なんです。ダッヂオーブンの市販の本よりも簡単で成功率のアップするコツも、全部クックパッドから知りました。面白いんです!それまでは、パンをダッヂで焼くなんて、なんという面倒くさいことを・・・と、作る前から避けていたのですが。

今では島そだちが、ダッヂでハードパン焼きにハマリつつあります。次のキャンプでは、ディープダッヂをゲットして、四角い食パンを焼くのだとか張り切っています。
今度、もし、気が向いて都合が合えば、キャンプで飽食オフするときにでも奥様と息子様とご一緒に試食にいらしてくださいな。歓迎しますよ!

投稿: simamama | 2009年6月12日 (金) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥取砂像フェスティバル2009 | トップページ | 春の残雪大山 »