« 頭崎山 | トップページ | 大山池 »

2009年5月11日 (月)

三倉岳

2009_05100016

お久しぶりです。
三倉岳です。

今回は、キャンプでご一緒させていただいているメンバーとの登頂です。
メンバーは私も含めて5人。
和気藹々と和やかな雰囲気のまま、三つの頂へ向けて出発しました。

2009_05100017

スタートです。

朝早いので涼しくて気持ちがいいです。

2009_05100018

コースを確認します。これはテントサイトの表示板・・・。その横に、Bコースへの方向を示す道標が立ってます。我々はBコースから登って、朝日岳→中岳→夕日岳、そしてAコース下山道を下る予定です。

2009_05100020

足取りも軽やかにどんどんすすみます。

2009_05100021

分かれ道ですこちらを行きます。

2009_05100022

どんどん進みます。まだ、道もなだらかで、登山というよりは散歩道です。
道草を食いながら・・・・

2009_05100023

これはなんだろうなぁ。
きのこ?何ていう名前かなぁ。

2009_05100029

4合目付近から、階段が多くなってきました。

2009_05100043

大きな岩もゴロゴロ。階段も急勾配。

むむむむむ・・・

2009_05100044

ロッククライミングで有名な山なのです。

2009_05100047

息、絶え絶え・・・・

2009_05100050_2

大汗をかきながらも、みんな笑顔でノリノリです。

さあ、ようやく、朝日岳と中岳との分岐に出ました。
ちらりと朝日岳に寄ります。

2009_05100054

分岐から約30メートル登ると朝日岳山頂です。
山頂に三角点は見当たりませんでした。探せばあるのかもしれません。やや狭い山頂は大きな岩で埋まっています。岩に登ると中岳が見えますが、やや展望は悪いです。

早々に朝日岳は降りて、次へと向かいます。

2009_05100063

待っていました鎖場です。
Mパパさん、顔に落書きしちゃってごめんなさい

大人のアスレチックコースの趣でワクワクします。三点確保で慎重に登ります。
私の首にぶら下げていたカメラが岩にゴンゴンと当たりまくって、傷だらけなりました。
反省。

2009_05100067

途中にある、天狗の踊り場です。

2009_05100070

またも鎖場です。

2009_05100071

あともう少しです!

2009_05100072

頑張れ~!あと一息!

2009_05100075

中岳山頂で~す。
めちゃめちゃこわいんで~す

2009_05100074

だけど、最高で~す。

気持ちいいです。

空気が美味しいです。

景色が素晴らしいです。

めちゃめちゃ怖くって、がけっぷちには近寄れません~

山頂ではしばらくブレイクです。思い思いの場所に座って、昨日のうちに蒸して準備していたさつまいもを食べたり、コーヒーを飲んだり、サンドイッチをほおばったり、お茶を飲んだり、煙草で一服したり、記念に(ブログのネタに?)写真を撮ったりと、しばらくのんびりと、山頂岩場でのひとときを楽しみました。

2009_05100082

ふと朝日岳のほうを眺めれば、連なる岩塊群の端から手前あたりの岩上に、まるで亀のような岩が乗っています。・・・・これはカワイイ!思わずズーム撮影しました。

2009_05100093

さてさて、中岳を後にした我々は、次は夕日岳に向かうべく歩を進めました。

少し降って鞍部に戻り、再度鎖場に足をかけます。こちらは中岳の鎖場よりもさらにハードです。慎重に登ります。

2009_05100095

夕日岳頂上です。
こちらの山頂も巨岩で埋まっています。
山頂には松の木が下界を見下ろしています。
木陰があるのでとても涼しいです。
展望は・・・・

2009_05100100

ここがスゴイです!

山頂の岩群の下の道をぐるりと回りこむと、ここに出ます。
急勾配のうえに足場は砂利ですべります。
だけど、展望は最高

2009_05100097

キャンプ場の管理棟と、駐車場が見えました。

たっぷりと山頂を堪能したあとは、下山です。
足に負担がかかりやすいので、慎重にゆっくりと降っていきます。

2009_05100110

途中、九合目に、崩壊した避難小屋がありました。

2009_05100109

無残です

2009_05100111

Aコース登山道を、沢と交差しながら降って行きました。

2009_05100112_2

あっという間に4合目です。

避難小屋は新しく造りかえられていました。

10年前(だったかな?)に訪れたときは、まるで人が住んでいるのでは思えるくらいに生活用品が並んでいた場所です。かつての小屋の中央には焚き跡もあったのですが、こちらは出来上がって間もないのでしょうか。とても綺麗でした。直火自粛のモラル恐るべし。

2009_05100113

四合目休憩場所から、もう一度振り返って三倉岳の雄姿を仰ぎ見ます。

2009_05100117

とても楽しかったです!

みなさん、どうもありがとうございました。また一緒に登ってください

|

« 頭崎山 | トップページ | 大山池 »

中国地方の山歩き」カテゴリの記事

コメント

うぅ!何故か僕の顔にサングラスが。
うれしい様なはずかしい様な。

投稿: 真優パパ | 2009年5月13日 (水) 01時13分

真優パパさん、勝手にお顔を隠して申し訳ありませんん
いやぁ、顔出ししても良いものか、やっぱりここはダメでしょうって判断して画像を加工させていただきました。
みなさんと登る山はとても楽しかったです。
いつもは島パパとふたりっきり登山が多いのでとても新鮮でした。
次回はガリュウ山でしょうか?
場所的には深入山もいいですね~。
おそらく私たちはその日が運動会なので参加できそうにないですが、楽しんできてくださいね。
フォトアップも楽しみにしています。

投稿: simamama | 2009年5月13日 (水) 15時47分

初めまして。
広島県とキャンピングカーで検索してたら、たまたま来てしまいました。
三倉岳・・・変に懐かしいです。
8年前までは仕事でそちらの地域を担当していたので、登山口の駐車場でよく弁当食べてました。
確か以前、登山大会も開かれましたよね?
実は私、高校時代は山岳部でした。
弱小でしたが、備後はウチともう一校しかなくて、スルーで県大会に出てました。
今は体力がないので、手ぶらなら登りますけど、荷物背負っては勘弁です。(^^;

ところで、『コマンダー』ってあまり見かけないキャンピングカーですが、国産車なのでしょうか?
アメリカンっぽい雰囲気ですが、珍しかったのと、三倉岳にピピっと反応してしまいましたので、足跡残します。<(_ _)>

投稿: 軽コロ | 2009年6月 1日 (月) 22時40分

いらっしゃいませ。
この不気味な仲間の集まりは、元はNiftyのパティオで中国地区のキャンプ仲間で結成した中国キャンパー会議室(C-NET)のメンバーです。今はNiftyの枠を越えてネット上でC-NETとして活動しています。キャンプ中心の活動ですが山好きの仲間も多く、よく登山付のキャンプをしています。三倉岳はキャンプベースとしても有名で過去に何度かオフラインミーティングを行っており、久しぶりに三倉岳に集って楽しみました。三倉岳は以前広島国体でフリークライミングの会場となった場所であり、本格的?なコースもあります。まあ私達はそんなすごいレベルの人はいませんのでお気軽登山です。
さてコマンダーのベース車ですが韓国の現代製のSRXという車両です。2003年以降ウォン安の為韓国車を安く輸入できるということでバンテックが輸入元になり多くのキャンピングカー製作会社が採用した車両です。2.5Lコモンレールディーゼルターボエンジンは145PS/33kgmの高出力、セミボンネットタイプのミニバンみたいなトラックです。今は輸入されていません。
C-NETはテントキャンプが基本でキャンピングカー所有者は少数派です。次回は6月13-14に恐羅漢山の麓の牛小屋ACでミニオフをします。興味があればゲストとして参加してみませんか?

投稿: 島そだち | 2009年6月 2日 (火) 22時41分

島そだちさん、こんばんは。
不気味とは思いませんが(笑)最近はすっかり運動しなくなったので登山なんてとんでもないですね。(^_^;)
当方、キャンピングトレーラー所有ですが、キャンプはあまりせず(カミさんがどちらかというと苦手なもんで)観光主体と温泉、夜はトレーラーで酒浸りです。
お誘いいただけるのは大変嬉しいですが、趣向が異なりそうなので遠慮致します。
またどこかでお会いすることがあるかもしれませんが、その時は宜しくです。
突然の書き込みに、レスポンスありがとうございました。

投稿: 軽コロ | 2009年6月 3日 (水) 21時51分

軽コロさん、こんにちは。
キャンプのスタイルは人それぞれ。今回はちょっとまじめなスタイルでしたが普段は....
聖湖キャンプなどを参考にしてもらえば焚き火・飽食・のんびり・まったりなキャンプです。また機会があったらお立ち寄りください。

投稿: 島そだち | 2009年6月 4日 (木) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三倉岳:

« 頭崎山 | トップページ | 大山池 »