« 春はすぐそこまで@吾妻山 | トップページ | 三倉岳 »

2009年3月15日 (日)

頭崎山

今日は、頭崎山に登ってきました。

自宅から歩いて登れる距離にある山なので、今回はすべて徒歩で参りました。

集会所の近くに道路を隔てて登山口があります。曲がり角ごとに丁寧な案内看板があるので、それに沿って歩けば、迷うことはありません。

30分も登れば、展望が開けてきます。

頭崎山

鳥居の段という案内版がある場所から、もうひと頑張り登れば、鳥居が迎えてくれます。

頭崎山

鳥居のそばには、大きな岩があります。

頭崎山

鳥居をくぐり、神域に足を踏み入れれば、竹林です。神々しい雰囲気の中を登りすすめることほんの5分も経たないうちに、二股の道に分かれます。竹林の間を緩やかに登っていく右側に行けば、三の丸、頭崎神社へと続いています。大岩の前をよじ登るようなやや荒れた急な階段を登る左側の道を選べば、明治神社があります。

頭崎山

まるで、遺跡のようです。

この社を右回りに回りこむ道があるので行ってみると、こじんまりとした、しかし見晴らしの良い穴場のような場所がありました。桜の木が10数本、ほどよく並び植えられているような様をみると、地元のかたがたの重要な憩いの場のように思えました。

頭崎山

太鼓の段です。ここも見晴らしが良いです。

ここも、まだつぼみの小さい桜の木が春を待ちわびています。時間が取れたらもう一度開花の時期に訪れてみたいと思います。

風は強いが小春日和の、絶好の山散歩DAYでした。

|

« 春はすぐそこまで@吾妻山 | トップページ | 三倉岳 »

中国地方の山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頭崎山:

« 春はすぐそこまで@吾妻山 | トップページ | 三倉岳 »