« 三段峡@2007秋 | トップページ | 高見山 »

2007年11月12日 (月)

比婆山連峰その1@2007

紅葉見物と、徒歩部活動に比婆山連邦を歩いてきました。

徒歩部というのは、語ろ具サイトで最近発足した「楽しく歩くことを目指す大人の部活動」です。歩くことは体に良いって私たち世代は誰もが知っている、だけども、ただ孤独に歩くだけでは続きません。一緒に歩く人や、歩いたことを報告できる場所、そして励ましあえる場所。それを可能にできるんじゃないかと思える場に参加することが長続きの秘訣だと思います。大人が、個人の責任の範囲で自主的に、できる時にしたいだけ活動する、これこそが、大人の部活動、しかも歩くことは環境にもやさしい、地球にもやさしい、お金もかからない、時間だけはたっぷりかかるけれども、本気で始めてしまえばかな~り病み付きになります。かくいう私も、ウオーキングにはまってしまい、毎日1時間は歩かないとなんだか物足らないのです。万歩計を装着して、一日歩いた分を部員同士で自慢しあう、これも部活動の小さい楽しみの一つです。そろそろウオーキング依存症気味の私ですが、週末なので一泊二日で広島県庄原市西城町油木にある広島県民の森、比婆山群を歩いてきました。

2005_0101hiba0007

一番の楽しみは、紅葉見物とか素晴らしいものじゃなくって、実は万歩計はいったいどのくらいカウントするのかだったのですけど、登山口に入って約400m歩いた時点で、車の中に忘れてきたことに気がついてしまいました。

しかし、島パパはしっかりと装着済みです。島パパが2歩歩くと、私はだいたい3~4歩歩く計算です。んだったら、島パパ歩数に私の分・・・そうだな、およそ25パーセントくらい上乗せすればいいかな。と、しぶしぶ納得させます。車に取りに戻る気はまったく無しです。

2005_0101hiba0004

登山口あたりは、まさに紅葉は見頃です。

2005_0101hiba0025

日ごろから、近所のスーパーまで早歩きを実践しているだけあって、われながら足がすいすいと動きます。わ、私、どうした?結構良い感じじゃ~ン。体が立ち上がらなく、しかも腰痛が出てきた島パパをはるか後方に引き離して、勝った気分です。出雲峠まではスイスイ歩きます。毛無山が霞んで見えます。こんかい毛無山はスルー。出雲峠から烏帽子山を目指します。

2005_0101hiba0018

出雲峠にある避難小屋。

2005_0101hiba0021

島パパ、調子悪そうです。腰が痛むそうです。ちょっと休憩・・・
持参した暖かいコーヒーを飲みます。絶好調でジコチューな私は先に進みたくて足踏みしています。そこに夫を気遣う優しい妻の姿はありません。ポカッ! (._+ )☆ヾ( ̄ヘ ̄; ) ォィォィ

2005_0101hiba0026

まぁ、登ります。朝早いし、寒いし、体が立ち上がるのには時間がかかりますよ。そうそう、今朝の出発時刻は、7時です、たしか・・・。いざ、烏帽子山。ここからはキツイ登りが続きます。山頂まで1600メートル!

2005_0101hiba0027

県行造林の森を登ります。ヒノキとカラマツが日光をさえぎってあたりは薄暗いです。でも、ヒノキの香って好きです。反射的にお風呂に入りたくなります。

2005_0101hiba0032

山の中腹辺りまでくると、ブナ林です。霧で霞み、時折野鳥の鳴き声が響いてファンタジ~です。この山の斜面から峠を見下ろす角度がすごく好きです。

このブナ純林を抜けて、木の高さがだんだん低くなり、視界も明るくなれば山頂ももうすぐ。体調も今日はどうしたの的絶好調。ふっ。日ごろの鍛錬の成果がここに(ニヤリ)

2005_0101hiba0034

烏帽子山山頂到着~!

う~ん、曇ってる~!

でも、許す~!

ここで小休憩します。
時刻は8時40分。まぁまぁのペースです。島パパの腰も痛いけれども、体調は良くなってきました。

2005_0101hiba0038

本日の行動食は、きび饅頭。ミカン。チョコレート。キャラメル。コーヒー。コーヒーは挽き立てですよ。烏帽子山山頂に、芳しいコーヒーの香を充満させて一等席を独占します。というより、朝早いので登山する人をほとんど見かけません。一人ここでお会いした方は、竜王山方面から登り、これから吾妻山へ向かうそうです。すごい健脚さんです。

あんまりにも長くなりそうなので、ここいらで中断します。続きはまたあとで。

その後、比婆山(御陵)と、おっぱら越、池の段、へと続きます。お楽しみに♪

 

|

« 三段峡@2007秋 | トップページ | 高見山 »

おすすめスポット」カテゴリの記事

中国地方の山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三段峡@2007秋 | トップページ | 高見山 »