« 瀬戸の滝 | トップページ | 人吉のクラフトパーク »

2007年9月 5日 (水)

白滝山にて日の出を拝むお話

2005_01200016

語ろ具に白滝山にて日の出を眺めたお話を掲載していただきましたので、よかったらご覧ください。

こちらでは、その内輪の話などをえへっへっへへ(怪)

朝3時起床です。私は朝が超弱いのです。しかも、夜中の真っ暗な中での山歩きなんて、私は、うら婆いオバサンですよ。そんな、はしたないことできません、よ、よ、よ、よ、夜這いに行くなんて・・・だから前もって島パパさんよかったら付き合ってくださいと、お願いしていました。私の記事作成のためにかわいそうなのは島パパです。「どうせ私は言うばかりで起きれはしないだろう」とまったく信用してもらえてないままに熟睡しているところ、私が3時に起こすと、「な、何事?へ?早朝御来光登山?あ、アレ、あれはマジだったの?」と、寝ぼけ眼で押し流されるよううに車の運転席に座らされてしまいました。こんなアッシーは最悪だろうなと思います。よく付き合ってくれました。うむ、持つべきはアッシーではなくて、付き合いの良い夫です。

到着したのが早すぎて、登山口前の駐車場で待ちました。あたりは真っ暗闇。蝉だって寝ています。島パパも寝なおしています。私はさすがに言いだしっぺでやる気満々ですから、デジカメを月に向けて格闘です。結果はこの程度しか残せてませんけど(笑)

2005_01200030

そして、夜も明けてきたので山に登りました。

(省略)

山頂に到着しました。

2005_01200042

やれのう・・・・眠いのう・・・

こりゃ、まだまだ日は登らんでぃ(島パパのつぶやき)

山頂にある八畳岩に三脚をしつらえて、ひたすらご来光を待つこと30分強。その間に一番大変だったのは、カメラに群がるブトの大群を追い払うことでした。写しても写してもブトたちは、画面内に入ってきてしまうのです。そ、そんなに写りたいのかお前らはっっ!と、早朝、誰も山頂にはいないことをいいことに、私はブトに向かって喧嘩を売っていました。いや、先にちょっかいを出してきたのはあやツラだっ!!・・・と、しょうもない諍いが多かったのですが。乗り越えて神々しい御来光をたっぷりと浴びてきました。

だけども、やっぱり日の出を拝するのは、気持ちが洗われます。まるで昨日までの闇の部分や汚れた心の襞に挟まった塵までも一掃。リセットされるようです。すごくお勧め。超お勧め。御来光登山は最高です。どこでもいいんです。丘の上でも、こんかい紹介させていただいた、近所の裏山からでも。前に、乗鞍に行ったときにも日の出を見たのですけど、そのときも良かったなぁ。

|

« 瀬戸の滝 | トップページ | 人吉のクラフトパーク »

おすすめスポット」カテゴリの記事

中国地方の山歩き」カテゴリの記事

観光名所」カテゴリの記事

語ろ具」カテゴリの記事

コメント

奇麗な朝焼けだったんだね~(^^*
朝起きは私も苦手だ~☆
でもsimaちゃんちゃんと起きて
パパさん起こして(笑)、夜這いして(≧∇≦)、
思いを遂げてくるなんてスゴイ!!

ご来光、しっかり私もお裾分けして貰ったよ~♪
ありがとう!!

投稿: SHIKO | 2007年9月 6日 (木) 16時23分

きれいでしたよ~。
日の出の神々しさも素晴らしかったけど、雲海が見事だったのです。
初めは薄い雲の海が、みるみる山間に達し、谷間から底部へ雲の河がゆるゆると動き始めるのです。そのサマを追いかけるだけでも貴重な体験になりました。

しっかしねぇ。
言われて義務で起きなくちゃいけないときに比べ、
自ら率先してやろうと決めれば、どんな無理も出来るっていうことを証明してしまったのがイエーイvv
なんだ私ったら、朝は苦手というのはひょっとして自分の思い込み?と
すごい発見になりました(?)これこそ早起きは三文の得??

投稿: simamama | 2007年9月 7日 (金) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瀬戸の滝 | トップページ | 人吉のクラフトパーク »