« 海田の大クスノキ | トップページ | 大山祇神社 »

2007年1月 6日 (土)

大三島多々羅キャンプ場

Tatara5

大三島にある多々羅キャンプ場でキャンプしてきました。
今年の初キャンプは、近所のキャンプ仲間のろくさんと
息子のH君とご一緒させていただきました。

多々羅キャンプ場は、瀬戸内海、しまなみ街道のほぼ中間地点に位置する
大三島ICのすぐすぐ真下、多々羅大橋もすぐ近くです。
しまなみ街道のICへ降りるぐるりと曲がった道路がキャンプ場のすぐ上にあります。
だから夜も車の走行騒音で五月蝿いかなぁと思ったけれども、全然!
コレで採算が取れるのかと逆に心配したくなるようなひっそりとした交通量で、
しかも、キャンプ場も、この寒い中でする酔狂な輩は皆無状態。
私達だけで、とても快適で楽しいキャンプになりました。
あ~あ、グワンチェさんも来ればよかったのに!!(笑)

寒いとはいっても、本土と違って瀬戸内海気候って
社会の教科書どおりに、冬でもほんっとうに暖かいのです。
タープも張らず、風よけも無く、焚き火と足元ストーブと、
温めた日本酒があれば、寒くないなんて、
県北で凍えながらキャンプしていたことが嘘のよう、冬なのに。

Tatara1

ここは、夏場は海水浴場とも隣接しているので、
コテージや、海水浴中の休憩場所も完備してあります。
冬の海岸を散策するのも楽しいです。
海岸沿いに、防波堤の石塀が積まれていて、
そこをぐるりと回りこみながらキャンプ地隣接海岸を散策するのも楽しいです。

Tatara2

石塀を降りて波打ち際を歩き、岩場へ向かえば、
波が作り上げた自然の芸術が、洞窟と見まがう怪しい場所へといざないます。
この逆光写真の岩は、浜辺に寝転んではるか遠くを視る老ネコに見えませんか?

Tatara10

少し高台に上ると、冬場ゆえに寂れた展望台が。
そこから見える多々羅大橋です。

Tatara7

・・・と、ぼんやりと散策していると、あっという間に日が暮れたので、
焚き火を起こして、夕飯タイムです。
我が家の今回のメニューは、
朝から市販のタレに漬け込んだスペアリブの炭火焼と
具沢山豚汁です。
大根、じゃがいも、ごぼう、にんじん、たまねぎ、こんにゃく、厚揚げ豆腐、
かぼちゃ、ねぎ、そして豚肉は豚肉といっても豚だんごを入れて味噌味に仕立てました。
ろくさんちは、同じようなメニューで、ごま、豆乳味で、美味でした。
お互いに少しずつ味をききあって、お互いに大好評でした。

夜は、焚き火網で、日本酒をシェラカップで暖めながら、
持ち寄った酒の肴を摘まみながら、
ろくさんの奏でるミニギターや三線の音色に耳を傾けました。
合唱大会にもなりました。
「翼をください」をハモッて歌ったり、我が家で一押しブームの、
「ロコロコのテーマ」を大合唱したり、勿論、コロ(ソングバード)も歌いました。

Tatara3

我が家の、約半年振りに使ってもらえたキャンプ道具達です。

Tatara4

画面右下には、新メンバーの必需品、コロのおトイレです。
夜は、コロも私達と一緒に車の中で寝ます。

Tatara6

H君と娘が海岸の砂浜で見つけてきました。
くらげ・・・・だと思います。
ぎゃああ・・・

Tatara8

海岸線のスギの木・・・いや、松の一種かもしれないです。
まるで花のような種です。
見上げれば、この種部分を支えるもっと大きなまつぼっくり(?)部分が
木に残っていて、その先端部分が地面に落ちた様子です。
リース飾りに使うと素敵ですね。

Tatara9

枯れた芝生の上に、寒さに負けないで元気に生え盛ってる三つ葉群。

Tatara11

空が真っ白だ・・・
冬ですねぇ

Tatara13

午前中は、私は、子供達とボール遊びに興じて、大はしゃぎ。
本来なら、鷲ヶ頭山を登るか、しまなみサイクリングで遊ぶか、
予定も考えていたのですけど、疲れ果てて何も出来ませんでした。
明日の、腕の辺りの筋肉痛が恐ろしいです(笑)

|

« 海田の大クスノキ | トップページ | 大山祇神社 »

「キャンプ」カテゴリの記事

コメント

今晩は
キャンプ、イイッスね。
大自然の様子が良くわかります。
2枚目の写真は見事ですね、芸術です。

松ぼっくりに似たものは何でしょう・・・季節柄葉ボタンが乾燥したようにも見えますね。

なかなか外に出る機会のない私ですが、こういう写真、記事を読ませて頂くと自分も楽しんだ気持ちになれます。
何処か遠くへ、カメラ機材を背負って出かけたいです。

投稿: uchin326 | 2007年1月 6日 (土) 21時43分

上の老猫のごとしの岩が~~~~(T∇T
背中のゴツゴツ感といい、どことない哀愁感が、
まるで去年旅立った、我が家の「ヌシ」のような佇まいだよ~~~

それにしても本当に暖かそう!
回りも静かだったようで、楽しいキャンプだったのですね(*^^*)
でもクラゲ。。。クラゲは素手で触っても大丈夫だったんでしょうかっ!???
(かなり心配!)

また今年も島家族の楽しいアウトドア風景、たくさん見せてくださいね~。
楽しみにしてるよ~~♪

投稿: SHIKO | 2007年1月 6日 (土) 21時50分

バラのような松かさ きれいですね。/私は冬キャンプは苦手ですー。私がパスした冬のキャンプ、亭主は寒さのあまり息子を抱いて寝たそうです。あっさりおねしょされてとほほなことになったそうです。/んー我が家のキャンプ道具は元気にしとるかのう、長いこと見とらんよ。

投稿: numabe | 2007年1月 6日 (土) 22時01分

パッキングは済んでいたし、バスの時刻も確認して準備OKだったのですが、朝起きてブルってしまいました。
コンビにも近くに出来たし便利になったものですね。

投稿: グワ | 2007年1月 6日 (土) 23時33分

【uchin326さんへ】
コメントありがとうございます。
久しぶりのキャンプでした。
とはいってもテントも張らない横着なキャンプなのですが(笑
とても楽しかったです。気分もリフレッシュできました。
現地に到着してもカメラを片手についつい被写体を探しています。
326さんや音子ちゃんほどでもないけれど、どうやら写真を写すことが大好きな私です。
芸術だとは、過分な褒め言葉をありがとうございます♪
すごく嬉しいです~♪
松ぼっくりに似たものは、そういえば葉牡丹に似ていますね。
葉牡丹の木の彫刻にも見えます。
何個か持ち帰りました。リースを作ってみようかと思います。
島パパも出張から無事帰宅して、これからちょこちょことまた出かける機会も増えてくると思います。
頑張ってアップしますので、楽しんでいただけたら嬉しいです。

投稿: simamama | 2007年1月 7日 (日) 18時48分

【SHIKOちゃんへ】
コメントありがとうございます。
でしょでしょ♪老猫ちゃんに見えますよねっ。
この岩は今日から私たちの間だけで、その老ネコちゃんの名前を名づけて、知る人ぞ知る愛すべき密かな穴場にいたしましょう(笑)
キャンプはとても楽しかったです。
一緒にキャンプする人によって、楽しさも違ってくるんですよね。
ろくさん家族とのキャンプはホントに楽しいのです。
私の、アホっぽさや変態加減を恥ずかしげも無くさらけ出せる数少ないお友達の1人で、居心地がとてもいいのですよ~。
クラゲはおそらく屍だったものと思われます。
くにゃくにゃだけども、どこか硬直してました。
次女が持って帰るとか言い出さないうちに、海に帰ってもらいました。
そのまま、瀬戸内海をどこまでも浮遊し続けるか、それともどこかの浜辺に打ち上げられて、犬に吠えられるか・・・ううっ
コロは、くらげに向かって吠えてました(苦笑)
またお出かけしたら、写真をたくさんアップするので、
眺めてやってくださいね♪ありがとう~。

投稿: simamama | 2007年1月 7日 (日) 19時14分

【numabeさんへ】
コメントありがとうございます。
松かさっていうものなのですね。また一つ賢くなったぞ。
持って帰った松かさは、結局まだ袋の中でじっと日のあたる場所に置いてもらえることを待っています(笑)
冬キャンプは寒いですもんね~。
そうかーnumabeさんは、冬キャンプがニガテなのですね。
私はどちらかといえば、冬よりも夏がダメかなぁ。
暑いと眠れないのです。冬も寒いと眠れないけれど、
車はありがたいことに、アイドリングではない暖房がついているから、とっても暖かいのです。ヘタしたら寒々しい家よりも寝心地が良いかも・・・。
おねしょした息子さんを抱きながらご主人大変でしたね~。
でも良い思い出ですね。

投稿: simamama | 2007年1月 7日 (日) 20時01分

【グワさんへ】
コメントありがとうございます。
準備完璧だったのにね~。ブログ拝見しました(笑)
食料だって、ろく家と我が家とのキャンプでは、
シェラカップを持って嬉しそうにニコニコしていれば、
双方から食べて食べて攻撃で、何も持ってくる必要もなかったかも~♪
夜も更けてから、焚き火を囲んで、秘蔵の肴が双方から出てました。
まるで、美味しいもの自慢合戦みたいな。
アメリカ土産の鮭の姿燻製漬け???を出せば、
ろくさんは、生サーモンで応酬、子供たちの目はキラキラ。
ぐふふふふ・・・・次回は是非、ご一緒できると楽しみにしています。
近くのコンビニも散歩に程よい距離で、利用しやすかったですよ。
お酒を忘れたので、そこでゲットしました。

投稿: simamama | 2007年1月 7日 (日) 20時09分

おおっ。

宮崎アニメ「もののけ姫」に出てくる「多々羅」という
言葉が、私には未知の言葉の響きだったのですが
(未知…というより、無知ですわねえ^-^;)
こんな風に島ママの身近にある土地の名前だったのですねえ。

写真もとっても綺麗ですね(^-^)
あったかい冬…いいなぁ~♪

投稿: フロッピー | 2007年1月12日 (金) 00時23分

【フロッピーさんへ】
たたらとは、製鉄方法を表す言葉だそうです。
もとはといえば、あの踏みしめるあの??ふいご??のことらしいですけど、古代に伝わった外来語だとか。
島根県に昔のタタラ製鉄所の跡が残っているんですよ。
しかし、このキャンプ場になぜこの名前を持ってきたのかは、何でだろ?わっかんない~~笑
このキャンプ場は、しまなみ街道の完成と時を同じくしての歴史しかないので、このキャンプ場の名前を聞いたときは、
「あれ?このあたりにもタタラ場があったのかなぁ?」と
疑問に思い、そのまま忘れていました。
由来を調べてみると面白そうです。
ヨシ、次のテーマの一つにしようかな♪
ただ、このキャンプ場のある大三島にある神社は、ほんとうに古くて、立派で、・・・サブちゃんの解説がききたいものです・・・。きっと、詳しいぞ。

そうそう、瀬戸内って暖かいんだよ~。
こどもの頃は、こんな暖かいところで大きくなったんだなぁと、
シミジミ~ですよ。

投稿: simamama | 2007年1月12日 (金) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1055/4822288

この記事へのトラックバック一覧です: 大三島多々羅キャンプ場:

« 海田の大クスノキ | トップページ | 大山祇神社 »