« 椋梨川河川敷 | トップページ | 夫婦滝 »

2006年9月27日 (水)

蚊無奥山周辺散策

ご無沙汰していました。
今日は、ひとりでドライブしてきました。
山陽新幹線西条駅の手前の道路から安芸方面へ向かう県道を走っていると、安芸へ降りる下り坂に「蚊無トンネル」が現れます。ほんとうに蚊が居ないのかどうかは別にして、そのトンネルの上のほうへ上れる、旧県道(だと思います)の急な細い道を登っていくと、峠のすぐ近くに蚊無奥山の自然散策道が整備されている(らしい!)看板が立っていました。

1

非常に分かりにくい道です。トンネルのすぐ前の林道っぽい道を登ります。一本道なので迷うことはありませんが、砂利はゴロゴロ、対向車が来ないことをひたすら願っての2速、3速登坂です。

この看板を目印に、自然散策遊歩道(と勝手に命名)の急斜面を登っていくと、急に道路状態も変わります。

2

初めはコンクリートで固めた真っ白な道。それも続きません。あらっと思ったらすぐに砂利道。だと思えば、轍が深くて走りにくいガタガタ道になりました。
上流の尖った岩がゴロゴロしている狭い道を登っていくから、冷や汗ものでした。タイヤが持つかどうかが心配で。こんなところで立ち往生になってJAFを呼ぶ破目に陥ることが心配で。さらに心配事は、携帯も県外になって追い討ちをかけていきます。でも引き返さないのでした。

3

そんな悪道をしばらく登ると、展望所が見えてきました。まずまずの展望です。木と木の合間から辛うじて瀬戸内海が望めます。

4

あんまりにも道路状態が良くないので、途中から歩いて最後の展望所まで行くことにしました。
蚊無奥山には登山道が整備されていないので、登山は出来ないのですが、この自然遊歩道はいろんなコースで繋がっていて、見晴らしの良いピークにもうひとつ展望所があるという地図の紹介だったから、そこを目指します。
ひとりぼっちでの散策なので、熊よけの鈴を鳴らしながらです。
怖いです、さすがに1人山歩きは(でも、行きます。)

6

安芸は赤土で覆われた土壌なのです。
この赤い土で作られたジャガイモがとても美味しいのですよ~。

14

展望のまずまず良い車止めまで歩くと、そこからすぐ上に展望所が見えます。
しかし、お手入れのされていないコースです。

7

草ぼうぼうです。
藪こき状態です。
腰の高さほどのススキが当たって腕が痛いのです。
まったくもってお勧めできない荒れたコースです。
しかし、何故か楽しいのはどうしてなのでしょう。

9

展望所も荒れてます。

10

あららぁ、ドアが壊れてます。

11

ここでお昼を(1人寂しく)食べようと、おにぎりと珈琲を持ってきていたのですけど、あまりにもの居心地の悪さに記念写真だけ撮って早々に退散しました。

12

ああああ、道が見えない・・・・

困ったぞ、道が分からない。

こんなに荒れた散策道も久しぶりに歩きました。
いやぁ、参った、楽しかったけれど。
まだ、ススキの背丈が、自分よりも低いからマシでした。

場所はこちら

|

« 椋梨川河川敷 | トップページ | 夫婦滝 »

中国地方の山歩き」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
すごいなぁ、こんな所に一人で行けるなんて。

山の斜面でジャガイモ思い出すsimamamaさんって良いかも。
私だとすぐに「崩落の原因は?」などとわかりもしないことをぶつぶつ言いそうです。(^_^;

それにしても、何故!・・・何故東屋にドアがある?不思議だ・・・

投稿: KOKO | 2006年9月27日 (水) 09時56分

わっわっ、KOKOさんお久しぶり♪
お元気ですか?
すごく無いですよ~。
私が1人で行動するなんて、せいぜい県内なんだもの。
いつ蛇が出るかな恐怖に負けて、ほんの少しの距離しか歩けなかったし。

赤土のついた安芸じゃがいもが、某懸賞で当選して、一箱もらったことがあるんです。それがすごく美味しいジャガイモで。
食い意地が張ってるんでしょ(^^;)
私はKOKOさんのように、いろんなことを社会問題としてとらえて議論できたりできるって、すごくかっこよくてうらやましいのです。知識人や男性ともどうどうと渡り合える感じがすてき・・・♪

そうそう。さらに窓にはシャッターまでついてました。
壊れてどうみても閉まらないシャッター・・・
しかも、窓はたくさんあっても、シャッターのついてるのは一方向だけという、なんとも不思議な展望台でした。
そっか、これって、東屋っていうんだー(無知)

投稿: simamama | 2006年9月28日 (木) 23時10分

やっほ!

旧道と見捨てられた展望所ですか。濃くなってますね (ぉぃ
荒れた場所は居心地が悪いのが難点ですね。
壁の無い東屋にドアがあるのがフシギ・・・。

このところ良さそうな場所を思い付かず引き篭もってます(汗;

投稿: グワ | 2006年9月28日 (木) 23時26分

グワさん、ヤッホ~♪
例のマウスで摑んで動かせる地図を貼り付けてみたいばかりに、出かけている自分がいました(動機がどういう気~)
でも、やっぱりフィールドに出ると面白いなぁ。
また機会を見つけて出かけようと思います。
荒れた土地でもパートナーや友でもいれば、楽しいのでしょうけど、いかんせん独りは慣れていません。
この東屋でお弁当を広げる勇気が・・・ああ、ナサケナイ。
コロを連れて行こうかしらん。

引き篭もってサイトリニューアルでしたか。
また、今風なとても新しいサイトですね。
かっこいいし、見やすいし、d(゚-^*) ナイス♪です。
このページを飾る新しい情報アップのために、秋空をバックに出かけましょう~(ぉぃ~

投稿: simamama | 2006年9月29日 (金) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蚊無奥山周辺散策:

« 椋梨川河川敷 | トップページ | 夫婦滝 »