« 九州紀行Ⅵ@雲仙普賢岳 | トップページ | 九州紀行Ⅶ天草~人吉 »

2006年5月22日 (月)

土岐城山

広島県安芸郡熊野町にある土岐城山に上ってきました。

>>>>Yahoo地図ではこちらです。

国道2号線をサタケの分かれから熊野方面へ車を走らせて、
熊野川と阿戸町を通り過ぎた辺りから、バス停を探しました。
「庄賀地」というバス停です。
ここのわき道から土岐の城団地に向かって山を目指しましました。

土岐城跡看板

団地の一番標高の高いところに、土岐城跡を紹介する看板がありました。
この看板の右わきに、傾斜40度ちかくもありそうな、
急な坂道の登山口がありました。
何の登山口を指し示す標識もないのですが、看板があることから、
ここが登山口と見定めて登り始めました。
ちなみに、駐車場はありません。
付近の道も交互通行ができる程度の車幅の道路なので、
駐車はできるだけ邪魔にならない場所を探すか、
もしくは団地の入り口付近の比較的広い道路に停めて歩くことが無難でしょう。
登り始めてすぐに、大きな水色の貯水タンクがありました。
湧き水も流れています。

蛇

あら~、蛇さんこんにちは。
カメラを向けても、恐れて逃げないばかりか、
ポーズを取ってサービスを(まさか)

土岐神社

山頂直下に小さな土岐神社の祠がありました。

おいしい?

食べられるのかな?

三角点

山頂は程よい広さで、その中央に三角点とポールが立ててありました。
ここは城跡でもあったので、その名残が随所に感じられました。
ここは本丸。

頂上

付近の木が生い茂っているところもありますが、
山頂はほぼ360度の展望で、熊野町が一望できました。

トイレ

そして、山頂の影に、ひっそりと古びたトイレがありました。
底が抜けていて、ドアもありません。
これでは誰にも使ってもらえそうにありません。
キツネさんに上手く化かしてもらうと、
すてきな御殿になりそうな廃厠でした。

探検すれば古井戸もあるということなのですが、
運動不足の私たちは登山だけでもうヘロヘロ~でした。

息が整い、お茶を飲んで一息ついたところで元来た道をもどりました。

途中、山の幸に出合いました。

サテ、これは何でしょう??

↓  ↓  ↓

これなんだ?

ああ、なつかしのロールオーバー機能。

答えは、マウスのカーソルを画像に乗せると・・・。

|

« 九州紀行Ⅵ@雲仙普賢岳 | トップページ | 九州紀行Ⅶ天草~人吉 »

中国地方の山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土岐城山:

« 九州紀行Ⅵ@雲仙普賢岳 | トップページ | 九州紀行Ⅶ天草~人吉 »