« 巌流島 | トップページ | 吾妻山 »

2006年3月 6日 (月)

鷹巣山

Takanosu2

広島県福富町にある鷹巣山に登ってきました。

前日に冬の気圧配置となって雪が降ってはいたのですが、そろそろ3月です。

まさか雪がまだ残っているとは思いもしませんでした。

山間に入るまでの道路は、薄く残っている程度だったのですが、

登山道入り口に近づくにつれて雪が増えていきます。

道路も日陰となっている場所は雪が解けていませんでした。

小さな駐車スペースに車を止めて、

ぬかるみを避けながら登山靴に履き替えようとすると、

頭上の杉に降り積もった雪が、ドサリと音を立てて落ちてきました。

Takanosu3

写真撮影に夢中な私をほおってどんどん先に進んだ島パパは、

暇なので雪を丸めて・・・雪だるまを作るのかな~と思いきや、

私に向かって思い切り投げつけてきます。

おかげさまでジーンズは雪まみれです。

やられっぱなしは悔しいので、当然お返しに巨大雪球を投げつけて応酬!

雪の中に決して石など仕込んだりはしません(え

Takanosu4

林道のわき道からの登山道は急なのぼり坂になります。

よく晴れて乾燥した日でも、柔らかくて滑りやすい土質の登山道なのです。

今日は解けかかった雪で、さらにぬかるんでいました。

登山道をまっすぐには登れませんでした。

少し林の中に入って、ジグザグに登っていきました。

それでも滑って転びました。

Takanosu5

行きも怖いし、帰りも怖い雪道です。

いや、もうすでに転んでドロドロになることは覚悟をきめましょう。

Takanosu6

杉林を抜けて山頂に近づくと、ブナの原生林がほんの少し残っています。

毎回、登るたびに、倒木を見かけます。

ブナも、すこしずつ減っているようで寂しいです。

Takanosu7

ブナの大木の幹に空洞が出来ていて、そこにつららが下がっていました。

あぁ・・ピンボケになってしまいました。

スーパーマクロは難しいです。

Takanosu1

山頂は伐採されていて見晴らしがずい分と良くなっていましたが

私にはそれは少し寂しいです。

折角展望台があるのですから、樹は出来るだけ残して欲しかったなぁ。

ボヤキです。

Takanosu8

展望台の中は雨風雪が防げて、焚き火ができるようになっています。

昔、真冬に、ここで耐寒キャンプをされた仲間も居ます。

その酔狂ぶりを見学に、ここに登った時の寒さはハンパじゃありませんでした。

今日は雪景色とはいえ、初春の日差しで、

ひんやりとした空気が気持ちよく感じられました。

Takanosu9

山の登頂記念に島印をべったりと書き残しました。

左下は暖かいコーヒーを入れて持ってきた・・・・えーーーっと、

保温性の高い・・・水筒・・・・?

保温機能付携帯飲み物持ち運びグッズです。

ステンレスの水筒よりも保温性が高く、

真空管水筒よりも重くない、便利グッズ・・・・らしいです。

Takanosu10

今日はもやがかかっていて、遠く四国までは見渡すことは出来ませんでしたが、

県央の素晴らしい景色を、堪能できました。

山頂の雪はシャーベット状になっていて、歩くとパリパリ音が鳴りました。

|

« 巌流島 | トップページ | 吾妻山 »

中国地方の山歩き」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
登山でのファミリーの様子を感じました。
なかなか職場から離れて遠出の出来ない私にはここのブログで旅した気分に浸っています。
そして、いつもパソコンに向かって笑いをこらえています。
太陽を入れた写真がステキですね、山の澄んだ空気、大自然の様子がうかがえます。

私事、おニューのカメラでバシバシ撮っていますがピンぼけが多く悩んでます。
そして、家族に愚痴を漏らすたびに今度は何を買うのか??と白いまなざしを感じています。
実は、早々にマクロレンズが欲しくなってます。
自分の腕前より物に頼ってしまいます。
家庭内金融機関は利子は付かないのですがそれ以上の・・・・(笑)

投稿: uchin326 | 2006年3月10日 (金) 11時52分

>uchin326さん、いつも暖かいコメントをありがとうございます。いつも思うままに休みを取れないお仕事、それを愚痴ることなく皆さんを気遣っておられる326さんを尊敬しています。山登りも、以前は登って気持ちのよい空気と景色に触れることと、達成感が楽しみだったのですけれど、最近はこうして写真をブログにアップすると、皆さんにも見ていただき、コメントいただけることで、またさらに楽しみが増えてきています。近頃は太陽光線を入れた写真を撮ることが面白いです。
逆光なのですけど、どこの白い部分をポイントに置いて、薄暗い画面にメリハリをつけるかを考えて構図を決めるのが面白いです。ついでに、光線の玉も運よく画面に納めることができたときはヤッター!です。丸い光しか今のところは成功したことないのですけど、いつかプロの方がされるように、虹色の光線、宝石のような光の連なりを撮ってみたいと思っています。

マクロレンズ、あれば楽しみがもっと広がりますよね。
どうか、上手く家族を説得してください(笑)
腕前もそうなのですけど、やはりカメラの機能に負うものもあるなあと思う今日この頃です。キレが違ってくるんですよね・・・。今日は出窓に姫りんごに芽が出ていたので、嬉しくてさっきからカメラを構えていました。スーパーマクロを決めるのに一体何枚失敗しているのやら(笑)


投稿: simamama | 2006年3月10日 (金) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鷹巣山:

« 巌流島 | トップページ | 吾妻山 »