« 三段峡 | トップページ | 久井矢野の岩海 »

2006年1月13日 (金)

日本ピラミッド(葦嶽山)

グワンチェさんに催促されてしまったので(笑)一ヶ月遅れになりますが、アップします。10月1日に広島県庄原市にある日本ピラミッド(葦嶽山)へ登ってきました。

Pira_14

どこから見ても山容がピラミッド型なのです。こんな風に整った二等辺三角形。

Pira_2

登山道のたくさんある、整備の行き届いた山でした。
我が家は車が入り込める一番奥の駐車場まで行きました。
畳張りの管理小屋があります。ひと気が無く、隙間から落ち葉や塵が舞い込み、少し荒れ気味でしたが、掃除すれば寝泊りも出来そうな小屋でした。

昨日のブログ記事の写真の脇の道を通って、登山道に入ります。
入ってすぐ、ダムです。う~ん。。。水がちょっと黒いです。
あまり綺麗ではないのですが、記念に一枚撮影しときました。

Pira_6

歩いてほんの20分くらい経ったのでしょうか。分かれ道の急な坂道を登ると、鳥居が見えてきました。

Pira_5

鳥居の足元に、ひっそりと赤い色の観音様(?)が祭ってありました。
この鳥居をくぐって急な道を下り、道標の示すとおりに歩くと、約20分ほどで頂上につきました。

Pira_4

頂上には、かつて、円形の大きな岩があったそうです。そして周囲には奇怪な岩群に囲まれています。昭和の初め頃に酒井勝軍という人が発見したのですが、当時の権力に邪教だと批判されて、頂上の岩は壊されてしまい、今は残っていないのでした。残念な話です。

Pira_8

この頂上から、来た道の反対側へくだる道を行けば、奇妙な岩石群にたくさん出会えます。この石は、捧げ物や、お供え物を置くのにぴったりな石ですね。きっと、太古の昔はここに溢れんばかりの捧げ物が所狭しと奉られていたことだと思います。

Pira_10

拝殿の鬼叫山の頂上付近に、高さは5~10メートルくらいあるのでしょうか。
切り立った岩が並んでいるのです。
高所恐怖症です。冷や汗をかきながら、撮影しました。
足が諤々しましたよ。

Pira_11

古い時代の人工造形物です。
誰が、いったい何のために?浪漫がひろがります。

Pira_13

祭壇でしょうね。

Pira_12_2_thumb

まるで獅子のよう。左が首で、右がボディ。
山の守り神にも見えます。

道は山頂の途中で途切れていて、先には進めませんでした。
毒蛇注意の看板も。
道に迷いそうだったので、来た道を引き返しました。
この山が真にピラミッドなのかということは、まだきちんと論証されてないみたいですが、浪漫いっぱいで良いですよね!

Pira_9

「鏡岩」巨大な岩です。驚嘆です。
UFOも飛んできちゃいそうですよー。

グワンチェさんも、関連記事をアップしています。
>>>>>こちらからどうぞ♪「鬼叫山の巨石群 Dokudami-kousen Blog」

「メモ帳格闘日記2005/11/5記載」よりアウトドア記事移転により転載しました。

|

« 三段峡 | トップページ | 久井矢野の岩海 »

中国地方の山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本ピラミッド(葦嶽山):

« 三段峡 | トップページ | 久井矢野の岩海 »